虚空書庫

にんげんになりたい

そろそろ

そろそろ、「そろそろ病」から抜け出したい。

もうそろそろ、波が私に戻ってきても良い頃なのでは?と思いつつ、戻ってこなくて波乗りできずにただひたすら流され続けるという病(やまい)…というより、そのような状態、から、脱したい。切に。再燃したい。再燃というかなんというか。

 

転職はともかく、家族の増減やら転居やらでゴタゴタして身動きが取れなくなっていたここ数年。今年の春ぐらいに落ち着いた…と思ってそろそろ、と思っていたらまた一波乱あって週末も全部それに時間を取られてしまったので、、んで、夏を越えて、数人見送って、諸々手続きも終わって、そろそろ、動けるか?と思った矢先に、同僚が抜けてしまったので、しばらく「半日会社にいるよね★」という状態になっていました。

 

もちろん帰宅してから数時間は寝るまでにありましたよ。その時間を使うこともできたかもしれません。ただAPが尽きてたんでね。精神状態が良くなきゃ意味がない(できない)ことをするには無理な状況だったのです。

 

私は別に超人じゃないし元々葛藤しながらやっていたことを、「よし!」って本腰入れようとした瞬間から週末の時間が取れなくなるというアレがね。2回3回ありましてね。妨害か、って思わなくもなかった。正直。

 

ただ時期的に仕方のない面もあった、とは思う。その時に強行していたら、要らんものが「混じって」しまっていたかもしれないから。頭を冷やすために、それは(混ぜたら)あかんという情報が来るために、ストップがかかった、とも言える。

 

でもそろそろいいんじゃないかと思う面と、やっぱりここまで「上手くいかない」ってことは、根本的なところに問題があるんじゃないかとか…

色々思うところがある。

 

別に何も進めていない間に、何もしてこなかったわけではない。仕入れるものは仕入れ、知るべきものは知り、要らんもんは要らんと選別してきた。

 

でもまぁ…中身がレベルアップしたかと言われると、そういう感覚はない。

今までは割とあったんだけど。

(むしろ自分自身のダメさとか全然出来てない面ばかり目について笑うしかないしなんでこんなのが生きているんだと不思議に思う)

 

沈んでは底を打って浮上し、その度に前より高い(?)位置からものを見渡せるようになっていく。というか。

そのパターンが通用しなくなっているというか、変わってきたのかもしれない。これからの成長の仕方は、今までとは違うのかもしれないし、大波というより、小刻みに上下しながら変化していくのかもしれない。

まぁ、より「レベルが上がる」のに「経験値」が必要になったとか、(自信の変化を感じ取るために)微細な感覚が必要になったとか、そういうことなのかなと思ってはいるけれど、「レベルを上げる」事に対して、そんなに必要なことなんだろうかという疑念や、レベルが上がるってなんだ?という疑問や、どういう状態ならレベルが高いって言えるんだ?とか、ここから何をしたらレベルが上がるんだ?どうなることが、「いい」んだ?などの諸々の、、ハテナの壁が立ちはだかっている。

レベルというのは所謂ハドウとかそういうアレのことですが、そもそも「ハドウヲアゲルッテナンダ?」ということから自分でもわかりきってないので…。自分が何を目指して何をやっているのか分かってない。

なんかこう、より軽く、高く、より振動数を上げて存在し、このクソみたいな世界ではなくより良い場所と共振していくことで、それを周囲に波及させて全体の底上げを図る…とか…アンテナとか光の杭とか生けるパワースポットとかそういうのになることを目指すとか…そんな……?(???)

 

今までは一つの方向に向かって、あっちに行けば良いんだ!あっちが良いんだ!と思って、進んできた。でもその途中ですでに「どっちもあっち」であることは薄々気づいており、それを例外として心に留めてきた。が。

本格的に

「どっちもどっちじゃね…?」

と言う感覚が芽生えてきたというか……

「どっちも必要なのでは?」というのも(去年ぐらいから)。

徐々に。どんどんこう、、常識ともかけ離れていくし、スピ的な界隈の光溢れる話とも離れていく。ダークサイド的な話の方が、現実味を帯びていく。まぁ引きずられるのは良くないのは分かってますが、「あったんだな」という感じはしています。っつーか、スピリチュアルのキラキラしている奴がすでにダークサイドなので。

この世には、

「ヤヴァイ勢力に支配された嘘だらけの現実世界/牢獄」と

「ヤヴァイ勢力に情報統制された嘘だらけの精神世界/関門あるいは隔離病棟」があり、

更にその外に出ることができなければ、実質何もわかんない

(が、ほぼほぼ出られないように何重にもロックされている)

ってことなのかなぁと、、は、思う。

 

宗教が血みどろ金まみれなのは自明なので置いておいて、新しく見えるスピリチュアルも本当に、毒されているというか、まぁ宗教亜種なだけなのでほぼクソなのですが、ガチな情報が入ってきてしまうと突破口になってしまうので「入念に堕とされている」んだと思う。

何重にも。

私はそれをこそぶっ壊したいです。霊視やらなんやらの能力は皆無ですけど。

 

……。でもこう、○○を~ぶっ壊~す!って言ってた方は目がかなり怖かったのでああいう存在になってしまったらまずい……。

一般市民に対してではなく毒を撒き散らかす存在に対してはどれほど睨んでも構わんとは思いますが、敵意も塩になってしまうのでただただ、無毒化したいです。

 

やるべき時は迷いなく。特に深く考えるまでもなく、「こっちだ」って分かって、何でか分からないけど動いている。…いた、はずなんですが。

 

今回やろうとしている事、始めようとしていることの2つに関しては、ストップはかかってないけれど、エンジンがかかってこない。

歳か?って思ったけど(まぁ歳もあるんだろうが)怠け癖がついてしまったんだろうか……。

それより、文章を書くことを怠ってきたのでエネルギーが湧かないんだろうか、と思って書いてみることにしたのでした。

 

何でも良いから文章を打っているとMPがチャージされるようなので。

こういう風に何の中身もない文章をただひたすら仕事以外で打つと言うことが少なかったせいで色々と燃料が無かったのかもしれません。

やーでも一度動くのを止めると再始動するのにクソほどエネルギーが必要なのは本当に何なんですかね。

私の親は思い立ったが吉日タイプで秒で動いているんですが、、アレはどうやったらできるんだ。

出来る場合もあるけど常時では無いし。

私の場合は、常にやる気スイッチが切れているんですよね……スイッチ入れたら入れたで強烈な抵抗がかかってブレーカーが落ちる、というような。謎です。

自分自身に潜って聞いてみるとやりたいことは常に一つなんですが、正気に戻ると「いや何考えてんだお前 無理だろ バカだろ 止めなさい無理です出来ません死にたいんですかっつーか恥を知りなさい止めなさいあなたには出来ません無理です」 というブレーキがかかる。

 

そのブレーキをへし折って進むために何かが欲しいんだけど欲したらヤバい問題が降ってきそうなのでそういうんじゃ無い方向で何かが欲しい。

 

外にばかり求めるなとか怒られたこともありましたが、あんまり自分から内に取りに行った情報を信じられないので外から来た感じに見せかけていただかないと分からないことも多いんですよね…。