虚空書庫

にんげんになりたい

少しずつでも

(以下珍しく固有名詞だしてディスってしまった……)

やろうとして止まっていることについて、ただひたすらに悶々としているだけで1日が終わってしまった。

孤立無援というか、何というか。

あくまでも比喩ですが、セ●ンイ●ブンの上層部があまりにも無能だから企業ごと潰したいなぁなどという大それたことを一人の大して購買力もない株主でも無い消費者が吠え…ようとしているようなものです。

コンビニ自体は好きでよく利用するが、コンビニがあるせいでダメになっている要素が多いのも分かってはいる。企業ごと潰したいと言ってもやはり契約しているフランチャイズ個人事業主がすべてクソだとは言わないしむしろ搾取されている側だと思っている。だから炎上させたい気持ちもあるが実際炎上してしまって困る人が大勢いるのも分かるし別にその人たちから職を奪いたいわけでは無いし……というような感じで。あとはまぁただの一般人一個人が何を言ったところでそんな影響力も無いだろうとか。

とても似ていますが、まったくコンビニとは関係ない事柄について、そんなようなことを考えていました。

 

この間というか昨日とおととい、電車の中で「すみれちゃん」の本を絶賛する広告を目にしてから、私は苛立ちマックス(というのは大げさだが……)で、このまま何もしないのはマズいと思い直すようになってきた。

更に「無視・黙認は荷担と同じ」などと言われては死ぬまでには噛みついておかないと気が晴れない。

 

「すみれちゃん」とは、出版社と親に持ち上げられてプチ教祖と化している今現在も小学5年生なのか6年生なのか私には分からないが、

「かみさまは小学5年生」という本を出した、ややぽっちゃりな自称神様の女の子です。レビューの星はマイナス10ぐらいでよいのではないでしょうか。

感想? だめだあれは。甘やかな嘘で人をだまくらかすアレです。

 

広告を見て、まだ売れてんの?嘘だろ???と。驚きました。

サンマーク出版ってとこが出しているらしいが、

キャッチコピーは「手のひらに、一冊のエネルギー。」

……うん。お前たち、じゃなかった、あなた方は、読者の手のひらに何を載せようとしているんだ……?

アレが何万部も売れているだなんて。

嘘だと言ってくれ。

私は書店で立ち読みしたが酷すぎておもわず床に叩きつける一歩手前だったぞ。商品だったからしなかったけど。

もう少し面白かったら参考に買ったけどあまりにも面白くなかった。

中身ないしお花畑だし新しいこと何も書いてないのに、

なぜ売れるのか。

それは、子どもを利用しているからだ。(それとも炎上商法?)

目新しさはそこにしか無い。(と思う。個人的には)

「小学五年生」が?!何かカミサマの生まれ変わりを自称しているって!?

いいねいいね、キャッチーだねぇぇ!!! 

直筆のつたない文字の手紙もいいじゃん、これ、売れるよぉ!!!

ってか?

 

あんな無害そうな見た目の女の子を使うとは良い度胸してんな。

ああいう年端もいかない子が言うんなら真実味もあっていいだろうとかそういう魂胆か。詐欺師どもめ。

私は絶対に君たちを潰す。

(すみれちゃん「自体/単体」のことじゃないです)

(言い過ぎかもしれないし私なんかでは何一つ影響を及ぼせないかもしれないけど言うだけはタダなんで書いとこう)

 

っつーかあの本を全部通して読んで、普通に受け入れる人がそんなにいるなんて……それが信じられない……。

既存の古い宗教敗北してる…せめて一瞬考え直させるような下地作りぐらいの機能は果たしてくれよ。まぁどのみち両方とも潰したいが

 

……と、ちょっとやる気が戻ってきたので、、

ありがたいっちゃありがたい。

やっぱり、黙認してたら気持ちが悪い。

だめなものは「だめなのです」と言わなければだめなのです。

言わなくてもいいし、言っても引きずられてしまう人間は一定数いて、それはどうしようもないんだろうけど。 

私にとってダメだと思えるものに関しては、私はダメだと言います。

それは他の人にとってはダメではないかもしれない。それでも。

 

(補足というか蛇足的な何か:

あのねー、すみれちゃんという女の子には多少の霊能力はあるのかもしれないけど、霊的な能力と人格は比例しないんだよー。ジョーシキだよねー。

あとねー、ちょっと見える人っていうのはそれだけだましやすいんだよー。天使とか神様とか、妖精とかぁー、人間に見せる姿形なんて、自由自在だからねー。いくらでも嘘がつけるのに、ヒトってカンタンに引っかかっちゃうんだからぁー。困ったねぇー?

記憶の挿入・書き換えだってカンタンだしー。人間にはいくらでも夢を見せて妄想を膨らませて操って、フワフワ良い気分にさせたままエネルギーを吸い取れるんだよぉー。で、そのうち落とすんだぁ~。酷いことするよねぇー。

あと「売れる」とか「成功する」っていうのはぁ、必ずしも「中身がイイから」とかぁ「イイ神様が憑いているから☆」ってことじゃないんだよー。

それくらいフツーに知ってるよねぇー?

「カミサマの後ろ盾」があるとかないとか言うけどぉー、「どんな」カミサマなのかなぁー?ってちょーっと考えたら、いーんじゃないかなぁー?

最初はあまーい顔してぇー、ヒト集めてぇー、って存在はぁー、ヒトがエサに食いついたところでキュッて捕まえて、もう逃がさーん、ってやるんだからねぇー?

最初から近づいちゃダメー。)

(口調を変えたのは気分です)

 

こういう内容ももう何度目か分からないぐらい書いた気がする……。

気がするだけで実際このブログでは書いてはいないんだろうけど。

 

私は写真からその人の性質を判断する力がまだまだ弱いので、性根を鑑定・断言出来ないのが辛いところです。

あと基本的に性善説で動いているので、良い方に信じたい方向で人を見るのでバイアスかかりまくりです。

あと子どもに悪口を言いたくない。

(生前の記憶があるのなら、肉体年齢より遙かに年上と言うことですから、そういう言動をしてしまった「責任」をとれる「大人扱い」してもいいのかもしれませんが……)

(すみれちゃんのは基本彼女を止めなかった親の存在がかなりやばい)

 

そういえば少年革命家?「ゆたぼん」(ぽん?)でしたっけ?

あれも酷い。主に親が。

ああいう人がカウンセラーなんて肩書きを安易につけるから、ますますちゃんと心理学を勉強してどうにか食ってこうとしている人が割を食うんだよね。

ゆたぼんの親、自身はある程度教育を受けているからいい(分からない)んだろうけど、小学生で学校を自発的にドロップアウトさせるなんて、子どもを二足歩行できるようにすらさせずに、お前はずっとハイハイでいい!と言っているようなもんだぞ……。

二足歩行とハイハイ両方できて、あえてハイハイを選ぶならいいんだ。

それは自由。それは選択したと言うこと。

でも、

ハイハイしか出来ない存在が、俺は二足歩行なんてしない!

と宣言するのは、そしてそうであり続けるのは、どうなんだろうか。

不自由と言うのでは?

二足歩行できて初めて、走ったり、ダンスしたり、ジャンプしたり(まぁ四足でも出来るが)、両手を使って他のことをしたりできるようになるというのに。しかも彼は、両手が使えなければ大人になってから生きていけないような世の中にいる。

そういう環境下で今後何十年も生きる存在に、赤ちゃんのままでいいよと言ってしまえるのは、一種の育児放棄っつーか。。

いくら教育機関が洗脳機関だとしても、もう少しやりようがあるだろうと思う。

ゆたぼんにインタビューした新聞社の記者とか、パーソナリティーに起用したラジオ局の人間は、少しは「入れ知恵」してみたんだろうか?

結局ネタにしかしてないよね。

話題性があるから利用して、育ってしまって面白みがなくなったらポイって捨てるんですよね分かります。

 

カミサマだろうが人間だろうが他人を踏み躙って栄養源にしている存在が大勢のさばっているなと思う。

 

なんで……こんな状態なんでしょうね。

 

わからん…………………