虚空書庫

にんげんになりたい

ようやく見たもの:シュタインズ・ゲート

最近やっていたこと関連の名詞を忘れないうちにメモ。

昨日今日、あと多分数日前とで、

シュタインズ・ゲート」のアニメを見終わった。

ずーっと前に気になってはいたけど見ていなかったもの。

端的に言って、面白かった。

滅茶苦茶よかった。

もっと前に見ておけばよかった。

途中で、鬱展開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━?!! 

ってなったけど、ちゃんと収束した。カタルシス

 

秋葉原が舞台で、懐かしい単語というかネット用語がぽんぽん出てきた。

懐かしいと言えば、折り畳み携帯。今もたまに見るけど。

そういえば使ってたなぁと思い出した。

今では電車に乗っていると殆どの人間が、スマホに命を吸い取られている。

 

放映は2011年らしいが、私はその頃まだ心が死んでたから、

シュタゲはリアルタイムでは見てなかった。

でも面白いらしいという事は知っていたので、いつか見ようと思っていた。

 

世界線の移動をすると記憶が消えるとか混線するとか、そういう話だったけど、私は世界線なんて移動してなくても過去の記憶がぶっ飛ぶので、

メモなしで過去に飛んだらロクに行動・説明が出来ないだろうし、

「君のこと、忘れない…!」とか迂闊に言えないし、

登場人物、頭よすぎだろ……

まぁ天才(自称&他称)設定だからかな……と思いながら見ていた。

 

ツッコミどころはあるけど、面白かった。

一直線じゃないところが。

 

というか、世界線の移動の話ってこんなに昔からこんなにいいアニメになって色んな人に知られていたんだ?と思った。

並行世界とかこういう捉え方はもう既にメジャーなのだろうか?

(と思って話に出すとマズいのは分かってるので出さないけど)

 

(個人的には、普通にそういうのはある(人間は色んな可能性軸?に同時に存在していてそのうちの1つだけを今現在見ている)と思うし、他人とあれを言ったとか言わないとか割と齟齬がある時があるし、日々、細かい移動はしてるんだろうなと思う。)

 

でもなんというか、みんなちゃんと「自身の過去のこと」を覚えているんだなぁと感じた。私なんて一年前の事すらロクに覚えてないんだが(

 

過去の別世界の記憶が混ざったところで分からないぐらい記憶がすべて曖昧だから、もう少しマシになりたい。今これが書けるのはまだ寝てないからであって、一週間後にはなんだっけ、ってなっている。。。のを、防ぐために、ここに書いているので、、これを書いているってことは一度は再び想起したってことで多少記憶が長生きする、、筈。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

シュタインズ・ゲート

アニメ、SF、時間を遡るとか何とか。

ほうおういんきょうま、ダル、すずさん、まゆしぃ、クリス、フェイリス、萌実?さん、など。スーパーハカー、FB、IBM5100、巫女のるり子さん、柳原神社、秋葉原、メイクイーン、世界線の移動、シュタインズ・ゲートの選択(特に意味は無い)

何を書いてもネタバレになるけどネタバレ読んだ後で見ても楽しめたから書いても良いんじゃないかと思いつつやっぱりやめておく。

これは普通に忘れたほうが次もあれ、どうなるんだっけ?と思って楽しめる気がする。

 

「クロノマギア」 スマホのゲーム

新しくサービスが開始されたカードゲーム、意外と頭使うっぽい(待ち伏せ・不意打ち・ちゃぶ台返し・道連れ…)がストーリー性は無い。無いなら無いで、つけるならつけるで、どっちかに振り切れてやったほうがいいのでは…。普段カードゲームやってない私みたいな人には説明不足感。面白いけど説明不足。なんというか、、スタイリッシュ・スチームパンク・説明不足(しつこい

初手で出し渋り、最初のプレイヤー達に対するプレゼントが渋かったせいで、早々に酷評されていたが、ゲームとしては言うほどクソではないと思う。ただひたすら説m

それから、このカード何だろう?とか少し考えているとすぐに制限時間が来て、Hurry up!!って命令されるのがビビる。

(女性の声だが、 「急いでね!」というよりは、「あくしろよコラァ!」と言われている気がする)

 

FGO」 新しい2章(1.5章は悪人の出てくる新宿のみクリア)

ロシアが舞台。新しいパツキン小太りのオッサ…男性が所長。

特異点がそのまま何百年も続いて、それが当たり前の世界になっていたら?というお話。世界を「戻そう」とする主人公は善か?みたいな問いかけらしい。

相変わらず人がとても死ぬ。軽々しく死ぬ。普通に虐殺されまくる。

物語に必要な要素とはいえ、、なんだかなー、と、、思う。

 

ストーリーではマシュは戦いに迷って前線を退いているが、弊カルデアのマスターはマシュが居ないと精神的にも物理的にも死んじゃう虚弱体質なので、バトルではマシュが必須。いいのか?って思いながら使っている。

いくらサーヴァントがただの記憶の塊とか言っても、、消えるシーンを毎回見るのは辛いので、私は死に出しとか極力したくない。故にマシュ必須。

 

ロシアの新しい人間たち「ヤガ」の外見は、ケモナーを取り込むためかな?と思った。それから、最初の異聞帯が「人間らしい外見の人間たち」の世界だと、それを主人公マスターが消してしまうのに抵抗があるプレイヤーが多そうだから。

新しいサーヴァントの人たちは、多分、仮面が好きとか、人外が好きとかそういう人向け。再臨しても顔が見えないままがイイ、みたいな…?

前回の刑部姫はオタク女子だったし、あらゆる属性の人間に銛をぶっ刺してガチャ沼に引きずり込まんとする何かを感じる。

シャーロック・ホームズとかいう既にファンが沢山いる他人の作ったキャラクターを主役級に使っていたりね。他もそうだけど、そういう性質の設定だから「仕方ない」とはいえ、なんとも旨い(「儲かる」)やり口だなと…

色んな意味で暴力的なキャラゲーだと思う。

 

というかFGOは人間の好意を吸い上げて巨額の富を稼ぎ出す化け物ゲームだなと思う。

私はキャラがいくら好きでも性的な目で見られない(好きの上限が親愛までで恋愛感情にならないというか)けど、すぐ好きになると色々物語を再生産し始める人が一杯いて、それが更にキャラクターに向けられる好意というか好感度というかを強化して、、、(ガチャをする人が増えて……)みたいな

 

化け物だなぁと思う。

あとグラブルというのもそうなんだと思うけど流石に財布が危ない(うっかり課金する勢)ので、手を出していない。

 

つか、二次創作が出来る人たちのことは尊敬している。

それに、恋愛感情があるっていいね。羨ましい。

どうやったらそういうのが生まれるんだ。

キャラだろうが人間だろうが好きになるってどういうことか分からない。

人として好ましい、好きになる、というのはあっても、

多分これは世に言う恋愛感情とかとは違うなと思う。

 

一次創作すらままならないで死んでるので尊敬しかない。

 

最近の新しいサーヴァントは…、星5が2騎増えた。

アナスタシアピックアップとその前の単一クラスの奴で大分爆死したので、

今月は運が死んでる……?って思ってたけど、(普通は1万ぐらいで1騎くらい来る)

あとで普通にストーリーで入手した石の単発召喚で、

昨日はアサシンのジャックさん、今日はツァーリがおいでなすった。

うーん。ジャックさんは嬉しいが雷帝…は……

うちのライダー枠はドレイク姉さんなんだ。

でも最近本当に酷かったから。

なんというか、確率の収束を感じた。

 

直前にシュタインズ・ゲート見てたからかな?!(何が)

 

ダイバージェンス1%の向こう側に…!とか、

(99%無理という)困難さを表すセリフがあったけど、

これがスマホスマホゲーのある時代に書かれていたら、

キョーマの受け答えや感じた重みも違っていたかもしれない、

と思った。

誰かが間違いなくスマホゲーをしてガチャもしていただろうし、

1%も確率があるならば大したことはない、

とか胸張って言いそうだなと…

 

……。

(欲しいキャラが出る確率が0.017%とかギャンブルにもほどがある)

 

 

私は本当に欲しいキャラがいて、精神状態が良くて、

あ、これは来る、って思うと来るので、

その時に世界線をちょろりと移動しているかもしれないwと、

思ったり思わなかったり。

 

精神状態が悪いときはいくら引いても何も出ません。

でもそういう時こそ引いてしまうんですがね…

(仕事とかで疲弊しててなんも癒しがねぇ……ってなった時に気軽に成功体験というか何というかを得たいみたいなアレが……) 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

現実であったことの、メモ。

昨日の午前:副業 風邪なのに手伝いに来てくれた人が居た

午後:シュタゲ

夕方:散歩しようとしたら本を買って来いと言われたので本屋へ

ついでに「雲上雲下」という本を買う 

まだ本屋で冒頭しか読んでないが美味しそう

バスで行って帰りは歩いて帰ってきた 

某稽古音源3-1を聞いたけど、なんかもうコレ知ってる奴…となった

 

今日の午前:ほぼ寝てた 

起きてすぐ祖父の碁盤(紙に線を引くだけ)作りを手伝う

ちゃんぽん

午後:シュタゲを見ていたら24話まであったので知らない間に夕方になっていた。

今日も数か所に出かけて用事を終えて帰ってきた親に、アンタどこにも行ってないの!?と言われ、何もしてないけど疲れた、と言ったら、どこにツボったのか爆笑されたのでやや傷ついた。

 

平日:やや残業が出てきた 掃除当番だった

ガチャ爆死したからお金がァ~とか思ったけど、残業しないといけないほどこの仕事が増えて欲しいとは願ってない。が、他に収入が増える道があんま無いから仕方ないね、と思いつつ仕事していた。

スクワット一日十回するようになったら多少目覚めがよくなった

頭痛は2回ぐらいで深刻化しなかったので薬は飲まずに済んだ。

あと気功(?)を習い始めたので、気を回し始めている。

感覚はボンヤリとしか分からないが、最初のゼロよりはましになった。

普段意識しないから感じられないだけで、毎日意識を向けていると少しずつ分かるようになる、と言われていたが、その通りというか。

多少温かくなって、寝落ちしそうになる。

頭のところに来るとフワーってなってねむい。

背中側に通す地の気で熱感が湧いてぽかぽかして、体の前側に流す天の気が眠気を誘うというコンボで寝そうになる。

 

リラックスするための自律神経の催眠の奴でも全然寝れない(手がだんだん温かくなる…足が…って自己催眠をする・多少ぼんやりはするが眠気は来ない)のに、これは眠気が来る…眠気が来るぞ…!ってなってる。

 

~~~~~~~~~~~~

そういえば先週の土曜日はラピスを買った。

何年振りか分かんないが珍しくこれは家に連れて帰らないといけないみたいになってタンブルを4つ買った。

今パソコンの横に転がしてあったので思い出した。

なんだろう、真面目さが足りないからとかそういう……?まぁ石の意味はそんなに気にしないことにしているので、よく分からないけどラピスのターンが来たらしいという事だけ。

買う時、店の人に、最近採れなくなってきている(アフガニスタン産)ので、これが尽きたらこの価格でこのクオリティの石は出せませんよとかなんとか言われた。今1個500円だけど次だと1個2000円…とか言ってた。

別に1個2000円でも買うけどなぁと思ったが、石が好きでもない人からしたらこんなもんに1個2000円も払ってるとかアホの極みなのかもしれない。

 

同じラピスだけどそれぞれが微妙に違う青で、模様も芸術品としか言いようがないのが揃っていて、砂漠の夜空と満天の星空と天の川と星雲があるんですけどヤバいんですけど…となってヤバかった(語彙力)

いちいち美術館とか行かなくてももうこれで十分、というか自然に勝る芸術品ってない、といつも思う。もうその美しさに負けて買わざるを得ないしこういう精神の栄養が無いと私は死ぬから普通に買うしかないというか買う、となって買った。鉱物おいしいです

 

あとブルーオパールのタンブルも買った。ラピスのように直球で奇麗かと言われるとそうでもないけど、霧の深い世界にある苔むした森だか草原だかの一部を切り取ったみたいで美味しそうなので好きです。

石が好きではない人が見たらカビが生えてるみたい…キモイ…とかなりえるなぁと思いつつ。

 

というか石買うの控えようと思いつつ控えられていない。

なんで石って増殖するんだろう。そろそろちゃんとした棚を買わねば……。