虚空書庫

にんげんになりたい

何もしない土曜

少しずつ進めていたモンハン。さっきネルギガンテを倒した。

一回死んだけど。オトモ様様である。

 

今日は本当に休み(…。)だったので、(昨日も三時まで起きてしまっていたし)本当に次の朝、唐突に起こされないのであれば、眠り続けられたほうがいいよね…と思って、目覚ましをかけずにいた、、ら、、、起きたのは午後でした。

12時台ではあったが。

なんだこれ、ってなった。

一度、8時半に一瞬だけ目が覚めたが起きられなかった。

ある程度長時間眠ってないと死ぬ人間なので、眠りまくらないとだめだったんでしょう。

………。

 

で。

 

今日こそは部屋を片付けよう、と先週と同じことを思いつつ、気合を一度入れてみたものの。別にそこまで壊滅的な散らかり方をしているわけでもなく。

結局机の上を多少片づけただけで終わった。

片づけてないよねこれ、と思いつつ。

 

今日は何もしていない。

 

と思ったが、全く何もしていなかったわけでもない。

今日はちゃんと2食食べた。

 

先週は若干お腹が空かなさすぎて昼を二度ほど抜いてしまった。

朝は食べないから、実質夕食しか食べてないみたいな状態になってしまった。

でも豆乳とかカフェオレ(牛乳)とか飲んだりしてるから多少のカロリーはとってる、、と思っていたが、普通に栄養不足というか何というかで肌が荒れた(分かってた)

 

昼過ぎまで眠れるのもお腹が空かないってのがある。

色々と活動しなければいけない日は、朝からちゃんとお腹が空いて空腹に耐えかねて起きるんだけど。

今日はぐーたらするのが分かっていたため省エネモードでいたんだろうか。

 

夜になるとお腹が空くんですけどね。

もう腹時計が夜しか反応しなくなってしまったみたいなアレだろうか。

どうなんだろう??

まぁ一日三食キッチリお腹が空いて死にそうになるのもなんだかなぁという感じなので、別に食欲がなくても健康体ならいい。

 

で。今日していたこと、というか、見ていたもの、を記録しておく。

 

プライムでいつだったかに1話の途中まで見ていたらしい、「キノの旅」をps4で再生してずーっとラストまで流していた。

途中で人が来たので、何かのゲーム実況(特に意味の無い映像が流れる&テレビよりマシ)を挟んだが、基本的にキノな一日だった。

モトラド可愛い。喋る無機物っていいですよね。夢があって←

キノの旅は昔本で読んだけど、いつ読んだのか思い出せない。

高校生ぐらいか。

何とも言えない世界観が本のままだなと思った。

いつも内容が直球で分かりやすくていい。

 

 

他には、、今日は「刻刻」の最新分2話を見た。

お父さんのクズっぷりが……何というか、可愛いなと思った。

モトラドとは別の意味で。(語彙力…)

身の回りにいないタイプなので面白い。出会いたくはない。

(いたら殴っちゃうぜ!!という意味で)

 

アニメを流しつつ、

何となく「この本を読んでおかねば」と思った本があったので、

数年ぶりに開けて、読もうと努力していた。

そう。努力していた。読書していた、というより。

収穫は微妙。頭にぜんっぜん入ってこなかった。

著者はドイツの天然水みたいな名前の人です。

 

興味がある分野の本だというのにこれはねーよというぐらい頭に入ってこない。ばーって文字列を見るだけでがーって内容が頭に入ってくる本とは違い、地道に文字を目で追わないといけない本で、非常に疲れる。

で、そんだけ気を使って読んでも、意味不明。手ごわい。

っつーか「合わない」ってことかもしれないですが。

 

信頼している人がお勧めしていたので買った本で、でも数ページ読んで閉じてしまって以来、いつか読破しようと思いつつ、基本的に放置している。

翻訳のせいなのかもしれないが難しい。

 

あともう一冊、時期が来た感のある放置本があって、机の上にある。

それはまだ開けてない。

 

そういえば、ゲロルシュタイナーの前にもう一冊読んでいた。

しばらく前に付箋を貼って放置していた本で、付箋なんて普段は本にべたべた貼らないけど、刺さる言葉がいっぱいあったせいでつい50枚ぐらい貼ってしまい、これはあかん、本棚に戻せない、抜き出してメモだけでもしておこう……と思っていたのを忘れて、数か月そのまま放っておいてあった。

 

色々な書類の下で圧死しているところを蘇生した(死んでません

 

刺さった言葉が何だったか、もう一度読み返しつつ、

全ての付箋を外した。

 

二か所だけ引用。

 

『「本当の自分」は行動しません。現実的な努力をしません。たとえ行動しても、徹底的に努力することはありません。常に可能性として自分を残しておきたいためです。虚構の世界に逃げ場を保持しておくためです。懸命に努力すれば、自分の限界や能力の無さが現実化してしまい、逃げ場を失うからです。』

 

『しかし、大人になった今では、自分を生きることを妨げている最大のもの、それは自分自身に他なりません。それゆえに、賢く決断し、賢く努力すれば、自己成長や自己実現を実感しつつ、楽しみのうちに自分の人生をつくることができるのです。

 そのためには、甘えからの脱却が必要です。代償的自己を生きる根底には、甘えがあるからです。

 代償的自己とは、「良い子にしているからママ、嫌いにならないでね」と言っているようなものです。周囲の人に「努力しているのだから、賞賛してほしい、好いてもらいたい、嫌いにならないで欲しい」と訴えている姿なのです。

 他者に甘え、他者によって自分を決めてもらおうとする姿勢です。

 同時に、他者に好意と賞賛を強制しているのですから、服従者でありながら、支配者たらんとしていることです。(中略)

 自分を生きたいならば、自分のなかの甘えをしっかりと確認し、甘えの心地よさから抜け出る決意が必要です。(中略)

 そして、勇気の反対物は自動機械のような同調性であり、臆病とは怠け者のことだ、とも述べています。』

 

(「いい人に見られたい」症候群 代償的自己を生きる 根本橘夫)

 

この本はめっちゃ読みやすい。

そして内容的にも「( ゚Д゚)ハァ?」ってのがない。

 

内容はグサグサ刺さるけど、別に対象者をめった切りにして成敗するための本ではないので。いい本です。

同じ本を何度も読み返すことはあんまりないけどこれは読み返せる奴。

(内容が薄い本はもうええわってなって一度で終わる)

 

しかし今日はなんもしてない。机の上を多少片づけて、読みかけの本と既読の本を読んで、アニメを流し見して、昼食と夕食を食べて、ゲームを2時間ぐらいしていただけ。

という思考だからいけないんだな。。。

 

何も「生産的なことを」していない。

何も「他人のためになる・他人に評価されるようなことを」していない。

何も「新しく、今後仕事で使える知識を仕入れたり」していない。

ってことっすかね。(そしてそういう軸で有り無しをとらえているのがマズイw)

 

生産的でないことなら、しました。確かに。

 

「物語」を定期的に摂取してないと(精神が)死ぬので、

アニメ視聴は必要だったけど、

休日の時間の使い方を見直さないとな、とも思う。

 

あとこういうブログの文章も、

文章を書いてないと死ぬので(これも精神が)書いてるものの、、

もう少しマトモなものをどうせなら書き残したいと思う。

 

つかそうじゃないと記憶の補完/保管用の意味を成さない。

でも気負うと書けないし、私なんかに物事を順序立てて他人に分かりやすく伝える能力があると思ってるのか?というね。

……。

 

そうだ。あと何かメモっとこうと思っていた疑問点があったんだけど何だったか忘れてしまった。。。。。。。。。

朝はTEDを3つぐらい見て、そこで何か思ったんだけど忘れた;

 

普段は見ない。アプリを入れているだけ。たまに英語学習をせねば、というノリで1つ2つ見ては、精神的に高揚しつつ沈没する。みんなキラキラしている。眩しい。講演者の熱意が伝わってきて高揚感を覚えるが、私にはこんな風に他人にコンパクトにして伝えられる何かや、伝えたいと思って探求している何かは一切ねーなと思うと凹むのである。

TEDは独特のノリがあって、現代アートっぽい。

いいなとも思うが、微妙な危うさも孕んでいる。

現代アート、といってもよくは知らないけど、私の感じる「現代アート」はなんかこう、「全然違うものであっても、似たような一定の雰囲気がある」ので、そこが似ているというか。)

 

今日はここまで。