虚空書庫

にんげんになりたい

手始めに。

一か月半、更新が停滞している間、

何もやっていなかったわけじゃない。(言い訳から始めるスタイル)

 

最初の一か月間ぐらいは、断続的に、自分の過去について書いた紙を、

PCに打ち込んでデータ化していた。

 

でもまぁ、気が滅入ることばかりの人生を振り返っても、

楽しい気持ちが湧き上がってくるわけもなく、

やる気もなければ、憎悪もないし、抑圧した恨みのようなものはあっても、

あんまり認めたくないし、

相手にもアレな面はあったとしても、お前も大概じゃん??

という声が響くわけです。

大鎌を振り上げたところに大抵入ってくる妨害です。

 

今、こういうことをしようとしているということは、

酷いことはされたと言っても、致命傷にはなっていないわけで。

ズタボロにはなったが、私は生きている。

生きるのは辛いし、別に今後も長く生きたいわけじゃないが、

今すぐ死なないといけないような何か、までは、

もたらされなかったし、

相手も完全に悪気があったわけではない、というのも理解している。

じゃあ、別に、そんな積極的に恨まなくてもいいのでは?

 

そんな感じで……毎回、最初に「やったるでぇ!!!」と思っては、

やっぱここは……今更蒸し返さなくても……いいのでは……?

未だに根に持ってるけど根に持ってる私が悪いんだし……

……されて嫌なことは相手にもしたくない…

…一応お世話になった相手のことをボロカスに言うのも気が引ける…

………私が飲み込めば全部丸く収まるし……

今までもそうやって収めてきた………

まぁ耐えられなくなってきたから時々こうなるんだろうけど……

今までも耐えられたのなら、今後も耐えられるのでは…?

忘れていれば大丈夫なんだし…

…いやまぁ記憶の保管庫は必要だけど…糾弾するような内容は書かなくても良いんじゃないか…

というか何だろうね私は被害者面して……お前だって相手に依存してたくせに…なんなんだ…人のこと責められる立場かよ…恥を知れ……

とかなんとかいう感じで、

最初の「やったるでぇ!!!」は日々鳴りを潜め、

データ化処理は途中で断念してます。

結構頑張った。大学生ぐらいまではやった。

うん。頑張っ……てこれかよ…ってなりますがね。。。

気力がマイナスになった上に思い出したいわけじゃないものがてんこ盛り過ぎて、、まぁその時に色々出会ったものがそれなりに重要だったりはするんですけどクソすぎるうえにどうまとめたらいいのかわかんないので

(しっちゃかめっちゃかだけどすべてが繋がっているので)

なんかもういいや……と遠い目になったんだと思います。

覚えてないけどw 多分。

 

その後、時系列が分からないのでメールなどをコピペして、

記憶が抜けてまくっていることに戦慄を覚え、

更にはこれから文章を書くことに対して恐怖しかないので、

謝罪の文言などを練っていた。アホなのかという

(というのをアウトラインプロセッサを開けて思い出した)

 

 

そこから一か月ぐらいは放置していた模様。

というか流行りのインフルエンザではなくマイコプラズマという奴にやられて先月は少し寝込んだ。

小学校1年生の時に肺炎になったがそれ以来なんじゃないだろうか。

なんなんだ…(風邪はひくべき時にしかひけないと理解しているので)

となった。

でも原因は何となくわかる。

 

体調を崩す前の日曜から微妙に気分は落ち込み気味で

(ようやくモンハンを買ったというのに)、

人に会いたくない病が絶賛発症中でヤベェと思っていた時、

人に会わねばならない案件が発生したからです。

 

今日は誰とも会いたくないから家に居ようと思っていたのに、

今日は●×さん(新しい親戚)と夕食食べることにしたから、

と、母に、昼過ぎに宣言され、

私今日調子悪いから私抜きで(というか相手が会いたいのは私じゃなくて祖父だろうから)、と答えたところ、

そんなことできるわけないでしょう?!あなたも来るのよ!!!●時に~~って店行くから!!と決められ、

その●×さんのことは嫌いじゃないが、今、他人と会いたくなさすぎるし、

家族とすら話す気力ない、今日は愛想笑いすら出来ないMPなんで勘弁してくれ、、でも行かなきゃいけないのか…行きたくない…

つか私に用は無いだろ…何でほっておいてくれないんだ…逃げたい……でも逃げたら絶対電話とかラインとかでめっちゃキレられる…憂鬱すぎんだろそれ…

…と迷って悶々としていたら、

祖母が三時ごろ、外から帰ってきて、

さっき道路で剣道着のまま泣いていた女の子にどうしたのと声を掛けたら、(近所の道場に)行きたくない~~~!!!と泣かれて困った、という話をされ、それは大変だったねとか適当に返していたら、

もうねぇ、困っちゃったのよ、そんなねぇ、無理に行くことないのよね、本当は、、、とかなんとかそういう話の流れになったので、

(その女の子は親に稽古に行けと言われたから道場の手前まで来たらしいが、行きたくなくて涙目になっていたところを祖母に声を掛けられ、気が緩み、ガチ泣きしたらしい)

よしこれはあれだ、直前に祖母がこんな経験をしていれば、今日会った他の誰かにも話したがるに違いないし、祖母も母が私が来ないことに文句を言おうとしたら、これを思い出して止めるだろう、というか止めてほしい、というか止めてくれなくてもこれって私の今の心情そのものだし、なんというかアレだ、シンクロ的かつサインという感じのアレだと解釈できる、いやそうじゃなくてもそういうことにする、てかさっき私が行きたくないって母に言ってたのも祖母に聞こえていただろうし、アレだ、チャンスや、行かなくていいっていうあれや!!!俺は!!!!逃げる!!!!

と……勝手に思うことにして、その後すぐに家を出て、

スマホの電源を切り(ラインや電話攻撃から逃れるため)、

若干の罪悪感にさいなまれながら、

夜中まで外でお茶飲んでいた。から。その後体調を崩しました。という。流れ。です。ぜーぜー。

 

いわゆるストレスが免疫力を下げたというだけの話だと思いますが、

さらに生きる気力も別になく、

言いたいこと言っても聞いてもらえない、

という怒りで喉をやられたのでしょう。

 

あと次の週末にもその人の家に行くことになった(当日決まった)のですが、

私は寝込んでいたので、行けませんでした。

健康体でも気乗りしなかっただろうから(基本的に人に会いたくない)

(休日ぐらい一人にして欲しい)

あー、それも見越してこんな事になったのかなぁ、と思ったのでした。

 

あとアレです。

その剣道少女の話の出た日曜に、あまりにも気分の落ち込みが酷いので、

久々にカード引いてみるか、と、

シェイプシフターのオラクル(多分)をひいてみたら、

「休め」という白い奴が出ました。

「今は休息が必要なときです」みたいな。

しばらく前に引いたときもそれだったので、

「またかよ!!!」となり、

もう既に十分さぼってる気がするんだけど……

ゲームも出来るようになったし休息してるのでは……?

と思ったが、まぁ、、風邪?をひきました。

強制的に休まされたという感じか。。

治ってからもう一度引いたところ、

また同じカードが出たので、休むのが足りてないらしいです。

……………。

 

つかほんとに考えずに打ってると口調が混ざってどういう構造してんだよお前の中身は、、ってなるがまぁ仕方ない。

それもおいおい書くしかないと思うのでそのうち書きます。

別に二重人格じゃないんだけどね。

 

完璧に時系列かつ内容もつながりを持たせてブログの記事を書こうとかそういうことをしていると一切書けなくなると思うので今はもう内容とか知らねぇという感じでただ文章を打っています。

 

私が唯一分かっていることは、何でもいいから文章を打っていると気が楽になり、かつ精神が安定してくるということだけです。

でも時々それを忘れて、低迷してしまうという。

底を打った時に、あ、そういえば私は文章を書かないとやばいやつなんだったっけ?と思い出して、その後すぐ書けるかというと、気力が出なくて暫く這いずり回って、その後こうやって書いて、なんとか復活を図っています。

 

抽象的な事ばかり書いていると記憶の倉庫としての意味を成さないので、出来る限り具体的なイベントやあった事を書こうと今のところ思っている。

でもまぁ具体的な名称を出すわけにもいかないのでどういう風にぼかしていけばいいんだろうという。

 

でかい文字で 

これはね!フィクションですよ!皆さん!!(ズバァァァン)

って冒頭に書いてから始めるとか。

 

まぁアレだ。時効?というか、過去のことすぎて、

今更私が何か言ったところで、

そのせいで誰かの立場が(本人が特定されて)悪くなることなんか、

ほぼあり得ない。

そう。

某ゲームでピックアップでもないお目当ての特定★5キャラクターを、

1回目のガチャで引き当てるぐらいあり得ない。

 

ゼロとは言わないけど。

 

 

まぁ、、、私の黒歴史を書いたところで一番の辱めを受けるのは私自身だから。

他の奴が巻き添えを食らったところで自業自得っつーか知らねぇよそんなもんテメェの問題だろ俺に押し付けんなバーカバーカ…………って言えれば楽なんですけどね。

 

言えないのは報復が怖いからです。多分。

相手を沢山傷つけていつ返ってくるか分からない報復に怯えるよりは、最初から自分の方に刃物を刺しておいたほうがマシ、というような。

 

あと。相手が「それをしでかした理由」というか、背景、底にある感情、のようなものも何となくわかって、そのせいで、何事にも情けをかける余地があるっつーか、相手がそういうことをしてしまうのも、仕方がないな、と思えて、自分の感情に任せて相手を責めきれないんです。よ。

 

まぁそうは言っても、一度いだいてしまった感情は感情で処理してやらないとこうやっていつまでも燻ぶってるわけですが。

 

それから感情を出しづらい理由のもう一つとしては、

全力で怒りを出すと色々まずい からです。(小出しにすべき)

 

僕、キレると何するか分からないんですよね…っていうのとは違う。

両親の血。

「あれらの親(タイプは違えど感情丸出しで怒鳴る・

殺気と威圧感が半端なく、知らない人もガチで引くか怯える)

の血を引いている私が、

(スピ的な知識・実感を得た状態で)

似たような怒り方をしてキレたり、

感情をまき散らしたら、(その余波で)何が起こるか分からない。

ましてや、一個人に向けてしまったらもはや呪いになりかねない」

ってことです。

 

今までは、全部殺意とかを自分に向けていたからいいのであって、

こんなん他人に向けたら何が起こるか分かりません。

 

それに、そうすることによって抑えつけ、

他人の繁栄wを望むことによって、

お零れにあずかっている「流れ」を変えることにもなりかねない。

 

私が「そう」である限り、私は決して攻撃を受けない。

(自分の内面が崩れているときはその限りではない)

という感じで掴んでいるものが、変わってしまうのではないかという恐れ。

が、あります。

 

でもまぁ、、それも違うのかもしれないし。

私が何をしたところで、そこからの信頼もそこへの信頼も揺らぐことはなく、揺らがせる必要もなく、、

私が正当な「お返し」をするだけであるのならば、

それはただ、渡されたものを戻すだけのような行為であって、

何ら心配する必要もないのかもしれない。

「削がれる」ことはないのかも。

 

でもその、大丈夫なラインが分からない。

ここまで、というのが、無くは無い、と思う。

その線引きが難しい。

そして思い出すにあたって感情が乗らないわけが無いのでどう頑張っても打ち返したものが再び返ってくる可能性は消えない。

 

打ち合いで無抵抗にするよりはまた戻ってくることを見越したうえで反撃に出るほうがまだマシではないだろうかみたいな感覚が来たけどまぁそうかもしれない。

 

でも私は極力自分から切りかかるような真似はしたくない。

切られたくないし。

痛いのが嫌いだ。

もうこれ以上痛い思いはしたくないし、させたくない。

耐えられはするが耐えられるからと言って好きなわけではない。

 

いやまぁね。残酷なのとか激しいのとかが好きな人は好きな人同士で好きなようにやればいいと思うんです。どうぞ。

 

私は嫌なので出来る限りの防衛策を講じてから具体的な事は書くことにする。

 

手始めに。

次は前置きの謝罪文でも載せようかな。。。。。

…………………。

 

ネットで公開してようが地球上で私しか読まない可能性の方が高い(偶然来た人も途中でリタイア必至)がそれでも書いておかないと怖い。

 

チキンここに極まれりって感じだな。

ぴよぴよ