虚空書庫

にんげんになりたい

なん(と)もいえねー

最近趣味が無い

(いろいろあったものに興味が失せてしまって再開させたい気がない)

つまらん

と思っていたが、よく考えてみれば資金と時間と諸々をfgoなるゲームに吸い取られていた。

これは…趣味、が、ある…ってこと…?

なんだろうか…?

と考えると何とも言えない。

 

別に同人誌とか読まないしましてや描き(書き)もしないし、、

コラボカフェに行ってみたりとかグッズを買ったりとかそういう事はしてないし…

 

育成にひたすら時間が掛かるが、、だからといってプレイ時間が長い=そんだけ好き=趣味、かと言われると困る。

好きではあるけど……。

他人が作ったコンテンツを消費しているに過ぎないからなー。という。

この日記(?)も書けることがそれしかないからfgo気味になっているだけで。。いや好きだけど。凄いなこのゲームって思うけど。

 

私は何か作ってないと死ぬので、いい加減何か生み出せるものを(再度)趣味にしたい。

てかそうしないと死ぬ。

というのにそれをしようとすると強烈なブレーキが掛かる状態に陥っているので非常に腹立たしい。

なんでなん。。(代替としてブログに文字打ってるのが今)

 

育成は素材も種火もQPも常に足りてない。

種火は業火が出てくるようになったのは嬉しいんだけどフレポ限定なのがね。

超級の上の超弩級とかで落とすクエストをください。ください!!!(言うだけ言っておく)

 

 

今日はクリスマスイベントに備えて半日かけて気が狂いそうになりながら心の中で泣きそうになりながら周回しているが全く誰も育ち切りそうにない。再臨素材もない。朕様も来てくれたが連れ回しているだけでレベルはお子様のまま。馬もまだ中年ぐらいである。フォウ君も足りない。フォウ君狩りをしたい(不穏

 

種火のための周回…を、、片手間にしているとはいえ、私は一体何をしているんだわたしはいったいなにをしているんだわたしはいったいなにを

 

ってなっている。これが終わったらQPと鎖と…色々…

…。(クリスマスイベで回ればいいのかもしれないけどそのクリスマスイベを効率的にこなすためにも今から下準備をしておかねばならないという)

 

 

これが趣味かと言われれば、、マゾい何かだとしか言えない。

ストーリーを進めているときは楽しいので、その時は趣味かもしれない。

だがそれ以外の時間の何かよく分からない宝具ポチポチモードと、延々とバトルが開始するまでスタンバイしている時間(虚無)(何分かかるんだ~)を趣味を満喫している時間と捉えられるかって話ですよ。

 

 

今もコレを打ちながらぽちぽち宝具を連発してもらって種火を狩っているんだけど一体何回やればいいんだ……

放置していたサンタさんズと同時進行で育てている馬は、種火のことを「人参ですか!?」とか錯乱してるし声がいいから許すけど何なんだ育て早く。

 

 

私生活…というか…普段のことも日記的な感じで残しとかないと記憶がぶっ飛びすぎてアレなんですが。。

何があったんだっけな。。

色々ありました。。送別会とか。新しい人が来たとか。仕事は普通に毎日行った。風邪とかも無い。健康。

…風邪とかひくと後がおそろしい事になるのがわかっているので多分気合が入ってるんだと思います。

 

あとは。。この間の土日の記憶がない。あっそうだ。パーティーでした。

招く側の陣営だったので会場のセッティングと片付けをしました。いつものごとく。恒例行事。。。他の人が今回来られないからアンタは絶対来てね!!と言われたのを覚えている。パーティーっつっても昼間の集まりで私はだらだら雑用しつつやって来た人とほんのり話しつつケーキ半分食べてるうちに終わってしまった。弁当はほぼ食べたけど時間切れでケーキ…ケーキェ…ってなって勿体なかった。まぁそこまで執着はないんだけど普段より高いケーキを残すってのは罪悪感が。帰ってから祖母が食べているのを見たので捨てられてはいなかったんだなというのは分かったのでまぁ……。……。

人が大量にいるだけで疲れるので、夕方は帰ってから死んでました。

日曜日は何したか覚えてない。

何だろう。何だ…。

そっか。。2部3章やってたのか?な?

多分そうでしょうね記憶が無いので(

 

 

やっぱ単語でもいいから毎日メモっておかないとマズいな…。

手帳とか買いに行った気がするんだけどいつのことなのか…。

 

この間も石に向かって愚痴っていた(狂気の沙汰)ら

「書け」とだけ。

 

ただ、中身のあることを書こうとすると、おそろしいほどブレーキが掛かる。なんなんだ。

こういうどうっでもいい事なら筆が進むんだが。

 

そういえば今月は課金額がヤバいことになっている。

FGOだけじゃなくて電子書籍的なもので面白そうな情報を発信している人を見つけてしまってというかまだ生きてたんだみたいな人を見つけてしまって、、情報の量に対して割と高額だったので(でも仕方ないやと思って色々買っていたら)一晩でとんでもないことになった。えへ(

似合わないと分かっていつつも「えへ」としか言えない。

なんですかこの合計金額は~。

とってもいいところに住める家賃並みですね~?

あの書籍代ですか~?うそ~?たか~い

そっか~一瞬で読める量だからぽちぽち連続して買ってたけど…

ひとつなんぜんえんで…

それかける…いちにい…じゅう…にj…たくさんだから~

……

…まんえんになっちゃったんだね~

 

………\(^o^)/

 

独り身でよかった。結婚してたり子供でも居ようものなら「こんのトンデモクソ浪費家が!!!んなわけわからんことに金をつぎ込むなんざせめて今の3倍稼いでからにしろ!!!!」とか罵倒されてしばき倒されるところだった。

 

身の程をわきまえろと言いたい。自分に。でも仕方ないよ。なんか最近お金が溜まっているなーと思ってたのはおそらくこれにつぎ込むためだったんだよ。私のところにお金が来るのは私に使ってもらうためだから。行き先が決まっているからお金が来ているんだよ。

そうなんだよ!!!(激しい思い込み)

 

……と言う感じで生きています。

精神的にはゾンビになったり復活したりで現在は半ゾン半人ぐらいです。

 

今年の総括(早い)としては、、、停滞している感覚はあるものの、始めたこともあるし、引っ越しもあったし、仕事も一応問題なくなんとかなっているし、、、見た目でいえば平穏な日々ではあったかなと思います。妹の新生児様がお隣にいらっしゃった数か月は超寝不足だったけど他人から見たら何も変わらなかっただろうし。

 

ただ趣味を失くしたことで会社以外の人との付き合いがごっつ減ったので人間として大丈夫なのかなというのは思う。

あとそれ関連の人からお久しぶり的な連絡が来ても返す気力がなくてぶった切っていたり、何となく気が進まないで人との縁が消えかかっている案件が複数ある。

まぁそれ自体はおそらくこの先続けても実りが無いというか、ある時点である事に私を向かわせるためにほんの一瞬重なっただけという感じもあるので仕方ないっつーかもういいやという感覚ではあるけど、

それが終わるなら終わるで、新しい方面というか何というか、別の人間関係が発生しないと(を発生させないと)人として社会に生きる上でヤバいんじゃないかという感覚がある。

 

あんまり一人でいることに抵抗はなく、寂しいという感覚もないんだけど、それが逆に恐ろしい。

寂しくなれよ!!!人と群れろよ!!!!人と繋がってないと人間としてだめだろ!!!友達が欲しいと思え!!!人付き合いが皆無になってしまったらガチであかんで!!!人間は社会的な生命体なんだよ!!そっから外れんな!!!

人を信頼しろ!!人に自己開示しろ!!!つるめ!!誰かと!!!

と、は、思っているんだけどなかなか。。

 

開示できるような中身もないし。

作ればいいんだとは分かっちゃいますがね。

(↑この人にはこの話題!この人はこれが好きなこんな人!と分かるように、適度に社会的に認識されていたり人が話題にしやすそうなある程度健全なカテゴリの何かを好きだという設定にして、他人に言いふらせばいい)

 

分かっちゃいますが。

健全な分野で特に興味のあることが無い。

嘘でもいいというのは分かってますが、記憶力がクソなので、少しも興味がないことは忘れ去ってしまうので嘘が成立しません。

興味があることがあっても、トンデモの領域から毛が生えたようなものばっかで話題にすることすら憚られる。

 

ブログになら(身バレしてないから)書いてもいいかもしれませんが、基本的に転載禁止だし、私自身それに対する確証が一切無いので何とも言えない。

感想も特にない。

「あ、そう、なんだ。まぁでも、そんな気がする…。知らんけど」

という感覚に集約されて特にそれ以上何か言いたいことは出てこない。

 

しかしどうしても定期的に情報を仕入れたくなってしまう。

使い道が一切ないのに。 

こればっかりはもう生まれ持った性癖と言うか何というかなんだろう。。

 

この世界に対する拭い切れない違和感、があるから、、仕方ないです。

 

この世界は基本的に嘘で塗り固められている。

本当の歴史なんて誰も知らない。

事実は隠蔽され、都合のいい情報のみ流されている。

「常識」は「今しか通用しない生モノ/幻想」のくせに、強固に人を縛っている。

不条理なルールを作っている存在がいる。

人が賢くならないように管理している存在が居る(としか思えない)。

人が争うように誘導している存在が居る(としか思えない)。

(地球上の生命体の中で人間だけが異質である。手を加えられていないと考えるほうが不自然。原人的な存在(の割に今の人間とあまり繋がらない)は、サルと人間とを繋ぐ辻褄合わせとして造られたという説に真実味を感じる。

人々の学ばなさが異常。ただ個人を見ていると、そこまで酷いとは思わない。環境によって機会を奪われている人がほとんどと感じる。長時間労働で新しいことを学ぶ気力や時間を奪われて成長が遅くなるとか、正解を覚えたり人に従う事ばかり強要される学校生活の賜物として、自分で考えなくなり、口から出す意見はテレビや新聞やネットから仕入れたものになるとか。。で、結果として誘導されて、またかよ、という事を繰り返す。

あるいは、国が勝手に戦争状態になってしまったので、嫌でも戦地に行かなければならないとか、そういう状況に追い込まれたせいで、またかよ、という事をせざるを得なくなる。とか…。

人間の素質が悪いというよりは、環境が酷い。と、思う。

まぁその環境を作ってるのも人間なのかもしれませんが、どちらかというと人間ではない人間――人を人とも思わない人間、自分は普通の人より上だとか思ってるセレブ的な存在など/一説にはガチ人外/ーーが、そういう状況(元凶/お手本)を作り出しているので、「人間」のせいじゃないと言いたいが、そうはいっても人間のせいなのかもしれない…。

 

色々な伝説が各地に残っているのに、架空の昔話だと一蹴されるのも何とも言えない。私はそれらを、おとぎ話だとは思えない。

創作もあるだろうし伝わるうちに変化したとは思うが、「元ネタ」はあったと思う。

 

よく考えろ。

今の人間もそうだが、

昔の人間に、

つまり、今の漫画やアニメなんかが影も形も無かった時代の人間に、

人が空を飛ぶだの、動物に変身するだの、不死の生き物だのキメラだの、

そんなことを思いつくような、

途方もない「想像力」があったと思うか?

 

唐突に、そんなものを思いつくわけないだろ?

彼らは「原型となるものを見た」んだ。

そのあとで、それを物語にしたんだよ。

神も。洪水も。人が空を飛ぶのも。わけ分からん怪物も。

実際に「居た」んだよ。

どんなカタチであれ。彼らは目撃した。そして語って、語り継いだ。

元ネタがなきゃ、何も生まれてねぇ。

そうだろ?

 

……って思うので。

そしていくつかの物語を教えてもらった人間が、

次の世代以降、新しく物語を創作する能力を身に着けた…

という感じでしょうかね。多分。

まぁそれすらも「自分で創り出して」いるのか不明ですが。

どっかから情報を取ってきてるだけかもしれません。w

 

 

まぁでもこんなことを真顔で言ったらドン引かれるので絶対に言いません。

あと、別に元ネタがあったから書いたというものだけだとも思わないので、すべてに適用しないでください(誰に言ってるんだ)。

(たとえば、星の位置を覚えるために無理矢理物語を作って神話にしたとか)

 

真顔で言えるレベルの内容は、

人が神を語るようになったのは、災害とか病気とか、そういうなんかこう、自分たちでコントロールできない現象をどうにかしようとして、なんとかかんとか思いついたんじゃないですかね。昔は大変だったんですねー。

ぐらいが関の山です。

 

 

 

尻切れトンボですが今日はこのあたりで終わり。 

いろいろ

「 何もない」が過ぎて一周回って平常心気味のネガ片足突っ込み中です。

下降気味の時に限って記念日…嫌だと言っても写真を無理矢理撮られて泣きそうでした。私のクソ顔を写真に収めて何が楽しいんだ。

周りが幸せそうなテンションだとか明るく励ましてこられると惨めさが一瞬で沸点に達して涙腺が緩むんだよ。怒りは抑えられても泣きそうになるのは割と抑え辛い。。

 

でもまぁ、、、幸せだと思わなければならない、とは思うのです。よ。

状況としては別に不幸ではないし、むしろ笑っていてもいいような席だったのに、嬉しいという感覚は特になかった。平常通りなんですが。

 

ケーキの置かれた食卓を見て、「私のため」にこの状況が引き起こされているわけじゃあないな、という感覚があった。

家族の、祖父母のために。

母の、こうあるべきという願いを叶えるために。

こういう記念日にはこういう風にしてこれを食べて祝う。

 

まぁ、どう頑張っても、私のため…では、あるけれど。

私――をイヌマニと呼ぶのであれば、例えば親は、

「イヌマニのために●×をして祝っていあげている私」のため、

「当然こうあるべき/こういう風にするのが幸せだから、こうしなければならない」ということを、本人的には、私(イヌマニ)のためを思って、してくれている。

 

それを嬉しいと思って喜ばなければならない、、というのは分かるんだけど。

喜怒哀楽の、「哀」はある。「怒」は多少(抑えてる)。

でも、喜と楽が欠乏している。

 

現状に感謝すべきだし、他人の好意を無下にしたり、捨て去るべきではない、受け入れるべきだとは思う。

 

でもどうしても、親が、親自身のため、親自身の「気を済ませる」ためにしているなと思ってしまう。思うっつーか感じるっつーか。

そしてそういう風に思ってしまう(そういう風にしか受け取れない)自分が嫌いだ。腐ってるというか歪んでいるというかひねくれているというかどっかが終わっている。

 

てか、ネガっているのは自分のせいである。

何十年も生きてきて、今後の展望もやりたいこともない。

休みがあってもやりたい事も行きたい場所もなく、会いたい人もいない。

ごくまれに誰かから連絡が来ても返信する気力が無い。

 

100%嬉しくないわけではないが、嬉しいという感覚がほぼ湧かない。

幸せな筈の状況に何も感じない自分が申し訳ない。

表面上は取り繕って何とかしているが。。

会話して少し笑って合わせることは出来ても、中身が虚ろです。

 

あとどうしても自分の将来の話を振られると、自虐的になってしまう。

壊滅的な不幸は回避しても、「幸せ」になっているイメージが湧かないので。

 

あー。

 

多分私が反発してしまうのは、、

「お前の育児は間違っていた」

ということを、私がたまに毒を吐いて、「こんな人間どう頑張っても●×出来ない」「私と付き合う相手が可哀そう」とか自分大嫌いアピールをすることで、親に見せつけたいんだろうな(親への地味な復讐)というアレなんだと推測しています。。

 

あとは自分自身の血が憎い。。。

DNAがどうであれ別人だと思いたいけど。。

年取って来るとだんだん似てくるのがもう無理。

これで私が万が一結婚して、男を産んで父に似ていたら虐待しそうで怖い。

自分に似ている女の子だったらネグレクトだろうか。

とりあえず可愛がれる自信が無い。ごめんねって言いながらただ顔や声が気に入らないという理由で殴りそうで怖い。

どんな人間の先祖にもクソ野郎もいれば聖人みたいな人間もいるだろうとは思うけど、、、

父親自身も今思えば微妙な家庭環境で育って結局「愛情のある家庭」を知らずに生きてきて、結局自分の家庭も途中で放棄したわけだし、

私はそれを連鎖させないでいられる自信がない。

 

私が今穏やかに生きていられるのは人間関係を最小限に絞っているからで、元々めちゃくちゃ短気でキレやすい性質なのに、親密な関係の人間が増えたら負担に耐えきれない。

 

それを他人に向けないように理性で抑えれば当然自傷行為を再開することになる。

精神的な自傷は今もしてるので再開っていうアレではないかもしれないが。

 

この間、避けてもわざとぶつかって来る男性と肩が当たってから相当イラっとしていたので、全然穏やかになってないなと自覚した。

 

(朝の通勤時、何度か同じ人間と大通りでぶつかっている。大通りで。こっちが横にズレても向こうから絶対にぶつかってくる。スピードも緩めない。何なのか?確信犯か?今は見かけたら数mぐらいどいて絶対ぶつからないようにしているが、それらしい人影が向こうから来たのを見かけるだけでイラっとする…。

猪の生まれ変わりか人を避ける能力が欠如しているのか横にズレると発狂しちゃう可哀そうな人なのかな?と思うことにしているが、とりあえずムカついた。おめぇワザとだろと言いたいレベルで痛かったし、向こうから来るときにターゲッティングされた感覚や、ぶつかった瞬間にわずかな悪意を感じた(主観)のもある。避けるのが下手な人だったなら許すが、故意であったのなら階段から落ちろとか思いっきり何かの角にぶつかってしまえとかwww思ってしまった。鞄で頭を殴って倒してから横っ腹に蹴りを入れたい程度にはムカついた。←チンピラか   何の関わりもない人間にわざとぶつかるとかストレス解消のためだとしても私はしない こちらからはしないが向こうからされたら全部全力でお返しする)

 

最近よかったなと思ったことは、、冥界のクリスマスが去年出来なかったので、ストーリーが読めたこと。

またニトクリスさんが来て宝具4になったこと。……あとは新シンさん、アルジュナさんなど…なぜ…

 

ポケモン買ったこと。集中して遊べるが楽しいかと言われると分からない。もっと感動してもいい筈だし、好きだったはずなのに全然何も感じない。相棒ポケモンの声は流石だなと思った。多分ポケモンのゲーム自体は悪くない。私の脳が時期的にバグっている。

ゲームを起動してプレイできるので、精神的にはそこまで参ってないんだなとは思う。そのバロメーターに使っているが、特に先に進めたいという感覚が湧かない。

進めたいという感覚よりも、買ったからにはクリアしよう、クリアしなければ、という思いで進めている。

これは、食欲がゼロの日に、とりあえず昼になったから昼飯を買わねばならない、買ったからには昼休みが終わる前に口の中に入れて咀嚼して飲み込まねば、という使命感に近い。食べたら食べたで、不味くはないが、気を抜くとご飯の味があまりしない、というのにも近い。

そういう感覚で毎日生きてるからダメなんだろうね……。

義務の無い日、「~しなければ」という状況が無いときは、一気に無気力に陥る。

逆に、自分との約束は踏みにじって破る。

よし、~しよう、と思っても、自分が主体だと動けない。

誰かの要請がないと動けない。(要請されたとしても相手が即時キレない場合は元々あまり従いたくないので放棄することも多いけど。五月蠅いときは従う。)

「~したいな」と思ってもすぐ忘れる。

 

自分の意志・感情を尊重しようとか、 去年は確かに思っていたが、今はなんかもうどうでもいい感じになってきている。

 

で。なんでこれを書いたかと言うと。

こんな状況にもかかわらず、

「私から言わせてもらえば、イヌマニさんは正常ですよ。壊れてはいない。本当に壊れてる人は本当に酷いからね」

とか

「70年後はないけど60年後の読むと割と元気で生きてそうですよw」

とか言われたのですよ。昨日。先生(?)に。

(親がアレなので私の精神もヤバいんじゃないかと聞いた後)

 

いつ何がこのメンタル豆腐ゾンビな私に起こったら60年後まで元気にヤル気に満ちて生きていられるんだ……。

(一つの可能性としてあるだけなので、絶対に60年後も生きているかと言われたら知らないが、親戚の長寿っぷりを見ている限りは、あり得なくない)

 

でもまぁ、落ちても一番下に見えないガラス板がついてしまっているので、、絶望しきれないのは分かってますが…。

 

あとは、まぁ、、「未来の人類(割と近い将来)は絶望的な未来しか見えないね」というようなことを言われてしまったのが。。

私の信頼している人も数年前ですが、良いほうからABCの流れがあったとして、ここ数年の人々の選択で、Aへの流れはほぼ絶望的、人類は今後良くてB、最悪の場合はCへと進む、とか言っていたのを思い出しました。

 

人類滅亡(笑)を恐れる気持ちは無いっつーか、、地球も太陽も終わりがある以上、いつかは人類もその命を終えるのは当たり前なので、まぁ、いつかは終わるかなと思っていますが、問題なのは終わり方です。

思っている以上に近いのかなぁというのは感じていたし、、だからといって、転落するような滅び方はしたくないし、今後生まれてくる人たちにもして欲しくない。あと100年無いとしても、数十年あれば、なんかこう、、別の道も生成可能なんじゃないか?と思います。って思っておくことにしています。あとそう、シナリオライターはどんでん返しがお好きなので。もうだめじゃぁーからの奇跡の逆転Vみたいな事をしたいのであれば、、とりあえず最初は落ちるしかない、のかもしれません。。

 

戦前の人間のような、なんつーか胆力?のある人間が最近いなくて、ペラッペラなのは、争いが身近でなくなったことも影響しているのでは、と言われて、私もそうだなと思いました。逆境とか命の危機とか、嫌なモノですが、そこで開眼するものもあるし、意識の置き場というか、どんなことにどれくらいの意識を掛けるか(どんなことに重きを置くか)も違うだろうし。

 

とりあえず人間がみんな「平等」になってしまったらヤバいね、と言っていました。人間に管理されるにせよ、AIに管理されるにせよ。

今のLGBTや人種による差別をなくそう、みたいな流れも、良くは見えるが、ある意味での分裂や争いが人間達の中から無くなったら「終わり」だから、いい方向に向かっているかと言われると微妙だと。

 

そうはいっても、格差社会になっていったら人々に「差」はあるのでは?と言ったところ、ごく少数の超金持ちと、その他大勢全部貧民、みたいになったら、ほぼ皆が平等ってことで、同じ意味だと言われた。

1つの企業に世界中の人の生活が握られたりとかもマズイと。(私は某密林に飼いならされているので今更感ある)

 

トランプさんはそういう意味では、延命を図るための炎上マシーン的な役割をしているのかもしれないとか(本人は、とにかく悪口でもいいから他人の注目が欲しいだけの人らしい)。

 

戦争は嫌いだけど、多様な意見や競争が消えたら、確かに人類は終わりだなと言う感じはあります。

 

私は、「クラウド・アトラス」という映画が胸糞悪すぎて嫌いなのですが、

あの感覚です。

近未来の世界で、人間が、大量生産した人間(同じ顔のアジア人女性)を使用人として働かせ、時期が来たら卒業と称して騙して殺処分し、食糧に変換している、という描写があって、それを思い出しました。他人に「おススメ」されて見た(微妙なんだろうなと言う覚悟はしていた)が、本当に一体何と繋がったらこういう映像を作れるのだろうかという感じで酷かった。

つーかこんな世界になるぐらいなら早々に戦争とかで全員死んだ方がマシなんじゃないかなとすら思った。

ここでは一応、「人間」と「人間奴隷」とで平等ではありませんでしたがw

今だって金持ちを人間、その他を後者に置き換えれば通る話です。

既に、というか、常に、人が他者を使い潰し、生き血を啜って、生きている世界ではありますので。。

私自身の生活も、いったいどれほどの人間の我慢・犠牲の上に成り立っているのかということを考えてしまうと恐ろしいです。服やら飲み物やら100均やら、安い価格の裏には、買い叩かれて超絶薄給でこき使われている人間の存在がある。。。

 

 いい意味での平等、って、、無いんすかね。

最低限度の保証ラインや、ある程度の統合・団結はあっても良いと思うんですが、、、

どの程度分裂し、多様性を保っていられれば、

人間は何とかなるんでしょうか…ね。

プラスとマイナスの差が大きいほうがいいというか、大きくさせる事によってより大きなエネルギーを生み出すことがいろいろなものの目的、なのだとしたら、逆に私は今のこれ以下ってあるのか?と思うし、下限を下げるより、上限を上げろよ(人間の精神性をもう少しなんとかする方向性で…)と思うのですが、どっちかというとその下をより下げる路線で進行中のようなのが……。

 

なんでそんなマイナスが好きなの!?と思う自分も割と自分自身を虐めることが好きだったりして(もはや趣味なんじゃないかと思う…)

何とも言えねぇ。です。

 

 

話題が何だったか分かんなくなってきたが、、記憶の残骸として聞いたことやら何やら残しておくことにします。

でませい2(確率なんか知らねぇ!!!)

星4サーヴァント交換の時が来ました。

あの時のアレが無ければ宝具1だったので、その場合はニトクリスさん1択だったのですが、宝具2になってくれていたので、さっきまでニトクリスさんか他の鯖かで延々迷っていました。

 

詫び石祝い石(?)はアビーさんに使ってしまったので(2枚来た)

 

つーかエレシュキガルさんのPUが来てしまった…。

(これとイシュタル・マーリンPUと)正月の福袋以外ではもう課金しない(予定)と決めてクレカ連携切ってる禁欲の身なので、、困った。

困ったというか、可能な限り禁欲の身で諭吉さんまでは溶かしたくない、が、エレシュキガルさんは引きたい。

課金する時点で禁欲してませんがね。

 

で、夕飯の間に悩んだ結果、

1回だけ4800円課金して、それが爆散しても絶対追加課金しないで諦め、

その時にもしニトクリスが来なければそのまま交換、

来れば別の星4鯖を交換……ということにしました。

 

あわよくばエレシュキガルPUのすり抜けでニトクリスさんが来ればいいなと思ってました。

確率の数字は知らない。そんなのは知らない。

 

   

で。。結果。。。

 

最初の10連でニトクリスさんが来て、

次の10連でエレシュキガルさんが来ました。

……神かな?

 

残りの単発6回で誰か来ないかなーと思っていたらフランちゃん。

パパは死んだ(パパじゃない

 

 

は?

ってなりました。流石に。いや欲しいって思ったけど。

このタイミングで来るかな。

しかも他の冥界の女神様もちゃんと連れてきたよ…偉すぎかよ…。

 

ニトクリスさん…様…?

神……いや女神…??

いや、ファラオ…?いや普通に女神……?(通常錯乱

 

(自分との)約束通り、神引き後にクレカの連携は即座に切りました。

 

やっぱちゃんと「決めて」「発して」ると来るもんですね…。

だれでもいいからぁ~とか言ってるとダメなんすよね。

なんなんだろう。 

 

で、日記を…………つけないと………となった。

昨日、日々の記録をつけろと言われても、日記に特に書くことない、とかぼやいていたのでなんかそれっぽいことが起きたんだろうか。

それとも今日はリアルでFGOのフレンドが増えたので記念でしょうか。

 

偶然っちゃ偶然ですけど空気読みすぎ女神様なのか…?

誕生日じゃないけど誕生日プレゼントなのか……?

 

もうだめだ。。

ただのゲームでデータだけどなんかもう……。

居たら仕えるレベル……何でもは出来ないけど何でもする……

 

エレシュキガルさんも育てる。育てます。

杭とか鎖とか慢性的に色々物資不足ですが。。。

 

種火が種火がーと叫んでいたらフレポで種火出るようになったし少しはマシになってきた気がする。

 

 

文句を言いつつ周回用のサーヴァントが揃ってきたので昔ほど発狂しないけどやっぱり種火周回もQP用の宝物庫周回も、何か他ごとで気を紛らわしてないと辛い。

いくらニトクリスさんが可愛くても1日に同じ宝具モーションを何回見ればいいんだ殺す気か、という気になって来る。

 

『ストーリー1部クリアで解禁になる、星5の種火を1体で複数落とすエネミー(体力少な目)を3体×3W狩る激うまクエスト』

が出てくれることを望む。それなら多少単調な周回でも耐えられる…気がする。

狂気に侵されずにボックスガチャ何百箱分もの周回をし続けられるような精神の強靭さだか耐周回用の特殊スキルだかが無い人、育成する時間が無い人への救済措置が欲しい。

だってそこ、重要なゲーム部分じゃないやん。ただの宝具を打ちまくる作業やん。畑で大根取って来るのと同じやん。苦労して育てたから絆がとかそういうアレは違う。そもそも育てる資源が少なければ育ち切って活躍させられるサーヴァントは減るし、必然的に放置でよく分からんサーヴァントが増える。それはそのサーヴァントたちのことを各プレイヤーによく知らせて愛着を湧かせる機会を失ってるってことだよ。

サーヴァント自体もガチャで出し渋って、更に育成もしづらいマゾゲーなのにプレイヤーがいるのは、絵師、声優、設定を作った人、音楽とかシナリオライターとかそういうコンテンツを実際に作ってくれてる人が総じて優秀だからだよ。設計通りにシステム組んでゲーム作ってる人もまぁいいとするよ。

データ上のドロップ率・排出率・報酬の額を決めている存在については全く評価できない。。。

普段のドロ率が低すぎるから少ないアイテムがイベントでの魅力的な報酬になり得るってのはあるかもしれんが。。そうじゃないだろ、と思う。。

 

何はともあれ。。

種火5がどばどば落ちるクエスト、「ストーリー1部をクリアしなければ解禁されない」って制限をつければ、今から始めた人はらくちんでいいでちゅね~って事にはならないし、2部はもうレベル90以下は要らねぇという感じなのに色々なサーヴァントを使ってくれとほざくなら、これくらいの調整をしてもいいんじゃねーの。…いいんじゃな、宜しいのではないでしょうか。と、思う。

ご検討のほどよろしくお願いいたします…。

いくら課金しても口出しは出来ないのでこうやって辺境の地に書くしかない。

 

私はいったいPS4が何台買える額を………………

………………積んだらタワーや………

 

私が聖杯を手に入れたら、、とりあえずちゃんと使えるお金(幻ではない・紙屑ではない・ヤバい出自ではない・通貨or色々なものと交換できる、価値のあるもの)が欲しいけど、それは置いておいて、、、消費税増税阻止(別の税金の取り方にする)・最低賃金の強制的な引き上げ(のために調査していくら足りてないか計算させてそれ以下は認められないとする/移行措置中は差額を支給するが給与を渡せる状態なのに不正受給してたら潰す/一般職員と役職付きの給与の差額・倍率を一定以下に制限…ex.社長が大金欲しければ従業員への支給額も上げなければならない// 所得税がっぽr)・ブラック企業撲滅のための告発保護組織設立←一般からの「支援」も募集(誰かの役に立ちたいタンス預金のある孤独な老人のお金をもらう/ホワイトな企業はそこから新しい人材を獲得可・売名行為に使える/オリンピック的な「みんなで参加してる感」を与える)・小学校での道徳教育を廃止し心理学に変更・従来の英語教育を廃止し小学校で日本語と英語の音読の授業を導入・音楽と美術は維持・体育は体調管理を教える授業に・社会か数学では現状の社会の状況/現実的なお金の扱い方・法律、行政の使い方などを追加・飛び級と留年を認める・ベーシックインカム(働いている人は減額・一定収入以上なら一時停止・無職になったら満額支給・誰でももらえる)導入準備・育児/教育環境の改善、大学に戻りやすくする、介護・育児関係の人材の給与UP、今後使える科学技術を研究してる大学への研究費増額……

 

とかなんとかそんなことをしてもらうために、

誰か偉い政治家を操作したり、頭のいい人を召喚したりする力?魔力?がほしいなー

 

と、思う。自分ではできないw

 

あと、水道は公営のままで…←遅い

あぁあと、週に働く時間を制限したりとか。

(1日実働時間3時間で解放されるとか、あるいは週休3~4日くらい欲しい。怠け者なので。。。)

 

現在のにほんちほーは暮らしにくい…切実に…。

 

昨日、

「どうしてさぁ、地球の人って1か月働いて1か月カツカツで生活できる分の給料しかもらえないのが普通なの?

あなたの命を1か月削って捧げて仕事したなら、まずその削った時間と同じ長さの期間を過ごせる分の報酬と、働くのに使った時間の生活を補填する分で、2か月は暮らせる額を貰うのが、ベースじゃないの?そこに色をつけてさ…。

というか、仕事をし続けないと息が出来なくなるように金額を調整して、仕事をカンタンに辞められないようにしているんだね。

全ッ然自由じゃないね!」

 

ってのが昼に浮かんでから、モヤモヤしています。

何を受信したんだ…。

 

2時より前に寝たいのでこれまで。

逃げている

言葉にしよう、形にしよう、としては絶対に行動に移さないで何年も経っていて情けない限りです。

感情が動くのはエネルギー消費が半端ないし、ステキな記憶を呼び覚ますわけではないのでね。。。

 

私は親に殴られて虐待されたり育児放棄されたわけではないのに、なんでこんなに勝手に独りで捻くれてしまったのだろう、と思って来ましたが、

・過干渉

・面前DV

というワードを仕入れてからなんか、、あれも虐待だったんだ、「こうなってしまった」のは、仕方なかったんだな、と思うようになってきました。

 

特に面前DV。この単語が私が高校生の頃に在れば。

私が色々呑み込む必要もなかったのかもしれない。

 

不在気味の父親が家に帰ると最初から不機嫌MAXで、機嫌を取ろうとした母親の精神を逆撫でするような不遜な態度・冷たい言葉を浴びせ始め、あーあー不穏な空気ですなーと思っていると、結局口論に発展し、両親が怒鳴ったり泣き叫びながら繰り広げる互いに感情大爆発な夫婦喧嘩を延々見せつけられたあと、私は父親と同じ部屋だったので、(部屋が分かれた後も説教はされた・というかなだめに入ってそのまま延々愚痴を聞かされることが多かった)父親による母親に対するあんな女を選ぶんじゃなかった俺は愚かだそして女は男より馬鹿であるお前たちのことは愛しているがお前たちの母親と俺は赤の他人だしあの女は頭がオカシイ云々という愚痴を聞き、それが終わったあと、アル中になりかけている不安全開の母親からの、私への労いに見せかけた父親への不満と哀れみ・私はまだあんな人のことも愛しているのよ本当に可哀そうな人的な何かよくわからんコメントを聞き、、、私はただひたすらクソ親父の血を引いている自分への憎悪にまみれ、顔も性格も似ている事を呪い、女であることも腹立たしく思い、それまで目標にしていた父親と同じ職業なんか目指せるわけもなく、周囲にはお育ちのいい方々ばかりで(あと両親が喧嘩しても子どもには隠す良識のある人たちが多かったので)理解者もおらず、誰にも話せず、まったく何もする気にならず、自殺だけは今したらタイミング的によくないとわかっていたので、とりあえずイメージの中で自分を何度も殺したり、流血はしない自傷行為をしたりして、破壊衝動を抑えつけていた。

 

死にたいけど今自殺したら精神が不安定になっている母親が発狂して後追い自殺するか壊れかねない、妹もおかしくなったら困る、と思って思いとどまったが。。。

妹は逃げられていたし(説教が長引くと夜遅くなるのでお前はもう寝なさいと言われる)、まだ小さかったし、顔も父親と似ていないので、そこまで影響は受けずに済んだようで何よりです。

私より上手に線引きが出来たらしく何よりです。母親の過干渉支配も長子である私に向いたので、妹はちゃんと反抗期に反抗が出来て人間になっていきました。。。

私? は、、、どう頑張っても失敗作ですが……。

 

壊れ切ってないのは、おそらく隠れ経験値というか隠れステータスのおかげです。

なんかね。。

色々、「背景」が、見えるのです。見えるっていうのは絵として見えるわけじゃなくて理解できるという意味で。

だから「私」は確かに病んでるしネガティブだし消極的だし小心者でクソで色々おぼつかないなんで人間に混じって社会生活を送れているのか分からないような雑魚ですが、一方で「どうしてそういう存在として生きているか」「なぜそのような経験をしているのか」みたいなのを理解して人生を眺めている「もう一人の自分」あるいは「別の層の自分」が同時に存在していて達観している?面もあるのです。

ソイツが常に意識の奥底だか超高みだかの対極にいて、何一つ絶望していない。

だからどれだけ沈んで溺れようとも沈み切れず溺れ死ぬことが出来ない。。

何というか、、理性の光、的なモノが。在る。

 

それが普段の私の意識の何割を占めているかと言えば、1%も無いと思う。

カスみたいな存在感しかないくせに、多大なる恩恵というかプラス方面に引っ張る力がある。謎です。

私が落ちれば落ちるほど力が強まるので引っ張り戻されます。

 

だからまぁ、、そのおかげで今まで生きてこれたし生きてるし、多分死にたくても自殺はしないんです。

どのみち人間なんてそんな長く生きませんし、死ぬべき時に死ぬから。

 

で…………自力で両親から浴びた毒を解毒するのを試みていますが。。。両親は健在なわけで長く生きてりゃ再び新たな毒を吐きかけられる事もあるのでまだ奇麗なココロとカラダにはなれていません。

 

本当に、、今更、だし、仕方なかった、とは思う。

けど。

でも。

やっぱり。 

あの時、、思春期真っただ中の人格形成期に、あんなことが無ければ。

と、思う。

人生は全然違っていたと思うし、今より良くなることはあっても、

悪くなることはなかっただろうと思う。

 

ほんの少しの差かもしれないが、

今の私よりも、マトモな人格を持てていて、

人のことも、ごく普通に信頼できたのではないかと思う。

 

今は、他人を見て、その人たちの「周りの人を受け入れる力」に圧倒され、

「根拠のない自己肯定感」に、自分の持ちえなかった眩しい健全さを感じる。

 

今の私は、「他人」とならうまくやれる。

徐々に親しい人間になってくると脅威に感じて遠ざける。

というか、一気に関心が無くなる。関わりたくなくなってしまう。

関わってほしくなくなる。

親しくされると吐き気がする。

お前に私の何が分かるんだクソが寄ってくんな!!! というような心境になる。言わないけど。あと相手のことも壊したくなるので近寄らない方がいい感じになる。ヤンデル

(壊れるよりも前に知り合った人間は例外で、関わりたくないとまでは思わないが、積極的に連絡を取ろうという気分にもならない)

絶対に私の友達や家族にならない関係性の人間となら恐怖を感じずにコミュニケーションが取れるが、「身内」が怖い。

家族になろうとしてくる人間が怖い。

いつ豹変するか分からない。

これ以上否定されたくないので、私のことを知られたくない。

そういう感覚がある。。。

 

だからこそ私は、先に手札を全部見せてしまって相手がどうこうしようがダメージを受けない身体になるしかない、、のかも、と、思うようになってきた。

 

やるやる詐欺にならないように始動します。。

ハロウィン過ぎたので私の季節です。

夏は暑すぎて死ぬけど寒い分には問題ないんで。

やるでー。

夢の断片(ステンドグラス・ナナチ・使い魔・硬貨・アとワ・推敲)

今朝の夢。

よく分からないワールドでどこかに向かって徒歩で移動していた。(記憶が断片的なので風景などはほぼ無い)

途中で全面がステンドグラスで出来たような荘厳、、一歩間違えればケバい建物を目にして、

「これは次の小説に出さねば…!でもモチーフとして使うとパクリって言われるから土台のレンガの色を赤じゃなくて青って書くか…?もう少し傾いていたらカード風に見えてイイのになー」などと考えていた。(お前はいつから作家になったのか)

平坦な草原にその四角い黒渕の建物だけがあって、異彩を放っていた。

もっと近くで見たいと思って、建物に向かって走り出したら、後ろから追いかけてきた女の子(人外)に、必死の形相で止められた。

(断片的なのであまり覚えていないが、その時、人間ではないヒトたちと一緒に移動していた。姿は忘れたが、おじいさんのような存在(影)と、ケモノっぽい女の子(人間でいうと中高生程度?)。そのキャラバンというか小隊というかに暫く同行していた。仲間というよりはちょっとだけルートが被った人、という感覚。

女の子は、メイドインアビスのナナチみたいな感じのモフっとした子だった気がするが、うまく姿を持ち帰れなかったので全然わからん。毛の生えた腕しか覚えてない。なんなんだ。

女の子には一時的に不在の姉がいた(私は彼女の荷物だけ見た・数日中に戻る予定)、という要らん設定だけ覚えている。

 

で。。ステンドグラス・ビルディングめがけて走っていたところに戻る。

「お前!!!建物の周りにどんなトラップがあるか分からないのに、なんで突っ走って行くんだ、馬鹿か!!!」と女の子に言われ、腕を引かれた、が、遅かった。

トラップなんて大げさだな~と返していると、唐突に正面の空中から謎の生き物が湧いて、顔に激突してきて突き倒された。

そいつは屋敷の使い魔だかセキュリティだかで、いくらか通行料を払えば問題ない(見逃してくれる)という。料金もそれほど高くなく、銅貨数枚程度。チッと思いつつ、料金を支払った(女の子が)

人を殺すような罠じゃなくてよかったね、と言われた。

そうだね!と言いつつ、なんて物騒な世界だと戦慄していた。引っかかった存在を問答無用で殺しに来るものもあるらしい。

激突してきた生物は、大きさ的には鷹匠が持っている鷹ぐらい。地球上の動物ではなかったが、よく覚えてない。耳・羽・両腕、どれと言えばいいのか分からないが、人の頭程度の塊(ボディ)の両端から2本、長くてにょろっとした何かが生えていて、それで飛んできて、それでコインを受け取っていた。のだけ覚えている。目や鼻、尻尾は無かったと思う。口のような穴(ゴルバットぐらいの比率)はあった。喋ってたし。色は本体が白、耳?が赤っぽかった。どちらかというとオスだった。声が。

……覚えているシルエットだけ描写すると全然可愛くねぇ…。

 

その後、女の子に、交易に使っている硬貨を見せてもらった(私は流れ者とか余所者という感じで彼女たちの世界を全然知らなかった/向こうもそういう接し方)。

色々なコインで、なぜか日本円もあったが知らないコインもあった。

なぜか全てにアラビア数字が書かれていた…が、数字と違う価値で扱われていて、(ex. 表示10のやや大きめのものが貴重で高いコイン扱い、同じような素材の表示100の小ぶりなものが安いコイン扱い)

「こっちは10って書いてあるのにどうして100の方が安いの?」

と尋ねると、

「えっ?何か読めるの?でも、こっち(10)の方が大きいから…」

と困惑された。今までそれでやりとりしてきたらしい。

世界中に流通している通貨というよりは、掘り出してきた物のうちコインっぽいものをざっくり「お金」として流用しているらしかった。

(え……何?このアラビア数字が古代語扱いってこと?日本円もさっき見かけたし、どこの時代だここは……)

と、思いつつ、(←夢だよ)

 

「待って……;;;;数字読めるから……。今あるお金全部出してくれたら、数字順に並べて教えてあげるよ;;;;あと今から数字書くから、それ覚えて;;;」

と言って、床に数字を書きつつ、手持ちの硬貨を出してもらった。縦長の長方形に人の姿が彫られたようなコイン(板?)もあった。金貨はなかった。銀色と銅色のもののみ。

 

ざっと硬貨を見渡しつつ、

(今ここで、「私の知っている本当の数字/数字の順番/コインの価値」を教えたところで、彼女たちの世界には、既に、それぞれのコインにそれぞれ独自の価値がついているんだよな……。私が「こっちが正しい」と言ったら、それを覆すことになる。あー、野暮だったかもしれない、ヘンに私の知っている数字なんて教えない方が平和かも…?どうする…?これは必要なことなのか…?)

とかなんとか思っていたら目が覚めた。

 

 

 

短い夢(というより持ち帰りに失敗してかなり削れた;)だったけど、筋トレとしてメモしておく。

 

 

あぁそういえば、、数日前、

紙に書いてあるヲ●テ文字の「あ」と「わ」(両方グルグルしてる)の文字を見て、文字から何か意味が滲み出てるなー、みたいな夢も見ました。

「あー、だから「あ」がこっち向きのグルグルで、「わ」がこっち向きなんですね!」

と、夢の中の私は納得していましたが起きたら何に納得していたのか完全に忘れました。

どうしてそういう大事な所だけ忘れるんだろうねお前は。

因みに起きている今の私は何の文字がどんなだったか覚えてません。「あ」が時計回りか…?;

「あ」「わ」のほかに、あと2文字比較用の文字が書いてあったがそれも忘れた。(普通の「あ」と「わ」かな?)

 

違う。「わ」「か」だ。(普通の「わ」と「か」)

 

あと紙の向こうに女性がいてその人にレクチャーを受けていた筈なんだけど見てないし忘れた。

 

他に最近尻尾を掴み損ねた夢は、またしても文章を推敲しまくってぜーぜー言っている夢です。

段落や文字を入れ替えまくって終わらない推敲に発狂寸前だった。

ある意味悪夢。

覚醒に伴って消えていく原稿に毎度布団の中で青くなって、夢だから追わなくていいと理解できるようになるまで血の気が引いている。

やめて…。

 

 

 

 

成人後に落ちた人は回復できる可能性が高いと思うが

成人前、特に思春期に色々とメンタルを壊された人は修復するのがとても難しいと思う(個人的な経験に基づく偏見)

 

この頃、「会社がブラック過ぎて鬱になったけど、こんな風にピンチを切り抜けて、今はハッピーです」とか「こんな大変なことがあって滅茶苦茶落ち込んだけど、自分にはこれがあったという事を思い出して、何とか今は良い感じに暮らしています」とかいうコミックエッセイがよく出回っている。

まぁ、ラストをとにかくまとめなければいけないので、バッドエンドにはしないのだろうが、要はサバイバー・準サバイバーの勝ち組の回想録だ。

 

そういう人々は、大抵が、社会人になったり、結婚したりした後でトラブルを抱えている。

つまり、それまでは健全にそれなりに生きてこられた人間たちである。

そして助けてくれる家族・友人・恋人・配偶者などが存在する。

逃げ場があるのだ。

 

幼少期に傷を負った人の漫画もある。子どものころに虐待を受けていて…とか、すごくショックな出来事があって…など。

しかし回復したと言っている人たちは、大体、客観的に見ても「明らかに親が悪い」「その子に非は無い」と分かるケースがほとんど…のような気がする。

 

サナギの間に踏みつぶされて、生き延びたは良いものの、羽化したところで蝶とは呼べない形容しがたい存在になってしまったグロい人間、、については描写されることが無いように思う。

なぜなら彼らにハッピーエンドは待っていないからだ。

死にたいと言う思いから解放されたところで、何の目標もなく、友人も恋人もゼロ、趣味も無く、日々の糧を稼ぐためだけに淡々と仕事に行き続けて死ぬまでの時間を燃やし続けている、などという話をラストに持ってきたところで、面白くもなんともあるまい。何のカタルシスもない。

つまらない。

 

('ω') アテクシの事なのですけれどもね おーっほっほほ

 

 

あと少しで発狂しそうなところをギリギリで踏みとどまって生きています。

 

 

寂しくて死ぬ、とかそういう感覚ではないんだけど。人と関わってなさすぎてヤバい。

美容師さんと会話するとかそういうのなら出来るが。元々美容師を続けられるような人はコミュ力が高いので、私のような人間とも会話のキャッチボールが続く(とにかく拾いに行って投げ返してくれる)のである。

 

てか、、私もコミュ障を自称してはいるが、地雷条件をクリアし、会話する糸口(共通の話題とか…;)さえなんとかなれば、他人と会話が続けられないというわけではない。

 

地雷条件と言うのは、、

・私と年齢/心理的距離が近い人

 (年齢が近いと身構える・距離が近くなると関係性を壊したくなる)

・自分と違うタイプの人間を好奇の目で見たり、

 勝手にキャラを設定してイジってくる人

・ひたすらマウンティングしてくる人orひたすら自虐・相手アゲな人

・私以上に何も喋らない無言の人、または会話が噛み合わない人

 

ようは、、普通に「わきまえて」相手と喋れる人で、そこまで親しい間柄じゃなければ、話せるのです。。。

 

私がコミュ障なのは、、他人との距離が縮まるとそれをどうにかしてぶっ壊したくなる抗えない欲求があるから、です。

マズいとは思いつつ自動的に出てしまう。

だから、他人とは極力近づきたくない。知られたくない。

必要最低限のコミュニケーションで終わらせたい。

相手の事が嫌いでない場合も、極力親しくなりたくない。

親しくなれば、どこかで突然、とにかく離れたくなり、相手の気分を害するようなことを自分からするでしょう。

爆弾発言を投下しないにしても、連絡を取らなくなるとか、突然返事を返さなくなるとか。

 

やっちゃいけないとは思いつつ。 

他人が私という人間モドキをふつうの人間として扱ってくれる現実を受け入れられない。

そんな筈ない。

私は迫害されるべきであって仲間に迎え入れられる事などあってはならない。

みたいなね。

(そうじゃないと、今までさんざん自虐と言うか精神的に自分自身を滅多刺しにしてきた行為を正当化できなくなる。自分が自分に当然の罰を下していたのではなく、割と見当違いの酷いことをしてしまっていた、ということを、直視する勇気がない)

(ここまで書けても認められないw)

 

私が本格的におかしくなる一歩手前の時に親しくなってくれた人とは、関係性を「壊したい」という欲求は持っていませんが、「維持したい」とも思っていなくて、私の中ではもう「かつての友人」または「前世の友人」という…感じです。友人だと思ってなくはないけど、もはや友人とカウントしていいのか分からない。

嫌いになったわけではない。会えば話すと思う。

でも会いたいかと言われるとそうでもない。

これはこれで、ゆるやかに関係性を消滅させたいと言う感覚になっているのか。。。

 

 

今の上司が割と話してくる人で、それなりに個人情報を渡してはいるけれど、上司と部下だからこそ距離を詰めすぎなくて済むので何とか変な気(?)を起こさずに済んでいます。

でもこれが同僚だったら早々に嫌になって仕事を辞めているかもしれません。。。。

普通は逆なハズなんですけどね。

職場の人と仲良くなったら、人間関係が良好だったら、仕事を続けるモチベーションになるでしょう。普通は。苦痛にはならないはず。

 

 

('ω') だからなんか、地味に狂ってるなと思います。

正常になりたい。

でませい

来ました。ニトクリスさん。2枚目。今日。(日本語がオカシイ)

外出予定がなくなったので課金した←

もうこれ以上は望みません(次のPUまで)。

チマチマ石を買ったので諭吉さん1枚弱。

10連×4回で来ました。

オジマンディアスさんが来てしまったときの分を入れると計2万ぐらいだから10連×10回くらい。

 

確率なんか知らねぇよニトクリス様出てくださいお願いします( ;∀;)

と思いながら引きました。

(コイツ…懲りねぇな…破産したらまずい…出してやるか…)という宇宙の意志を感じました。嘘です。そんなもの受信できるほどのデンパではない。

 

聖杯をあげたサーヴァントはストーリー召喚で引きやすくなるとかあるんですかね。ないですかね。

他はレア鯖が一切来なかったのですがそんなもんでしょう。。

 

というか、キャラクター商売って儲かるな…と思いました。

 

今日の夢ですが、尻尾を掴み損ねたので忘れました。

でも「何か話を書こうとしていた」のだけは覚えています。

あ。。思い出しました。

そう。

えーと。

父親。妹と、兄(居ません)、母親、父親の…パートナーw

そうだ。起きた時気分が若干悪かったんだw

食事を、断った夢。

流れでいうと、母親と妹と私で家?(現実の家ではないので不思議構造/天井は高すぎて無いようなもの・屋外風だが室内/やや和風)の1階で話しており、妹が、私にだけ話があるといって、2階に行った。

すると兄(?)が廊下に居て、目の前の広い和室には食事が用意されているのが見え、向こうに父親が座っていて、話しかけてこられた。

 

父親がいるとは聞いてない、と妹に言っていると、ふすまの向こう側から女性の声がして、あ、パートナーwの人だ…その人も来てるのか…と思って、一緒に食べようと言われたが断った。

その女性と「仲良くする」ということは、母親を裏切ることになるからだ。

女性が近づいてきた様子を感じたので、私は廊下でふすまの後ろ側にずれて隠れて、見られないようにした。

妹と兄は食事を一緒にするようだった。料理はなんかイクラと卵を使った丼的なもので、大きな横長の、黒い漆塗りのローテーブル(和風)に乗っていた。

美味しそうだけど(←)食べる気はしないな、と思っていたら目が覚めた。

 

そのとき、自分の過去についてそろそろちゃんとまとめて書いておかないとまずいな、と思ったのだった。

(何をされたかについてなど…)

 

なんだろな…

やはり私は

「母を裏切れない」と思っていて、

父親のことを全く許しておらず、

父親の現パートナーw のことを「顔も見たくねぇ」と思っている。

 

別に夢に見なくても分かってるんですけどねー。

 

契約の夢×2を見たあとで、親睦会(?)を断る夢を見てるってことは、いま、心の中だかどこだかで、「今後の縁」について整理しているところ、なんでしょうかね。